2012年4月アーカイブ

ココナッツ

南国のイメージと言えば、満天の青空、どこまでも透き通る海、そして陽を遮るようにして林立するヤシの木ではないでしょうか?
喉が渇いたらヤシの木によじ登って、ヤシの実を割ってココナッツジュースを飲む、なんてまさに南国的な風景!
それってちょっと飲んでみたいと思いませんか?

そんなココナッツをフタバフルーツで仕入れちゃいました!ソフトボールくらいの大きさのころっと可愛いサイズです。

ボクも初めて現物を見たので、いったいどうやって飲むの?!と最初は悪戦苦闘して、イメージの中にあるココナッツにストローがささった画をたよりに穴を探してアイスピックを突き立てたものの、刺せども刺せども硬くて歯が立たない・・・
しかし、とある瞬間、サクッとピックが吸い込まれていきました。
どれどれと、いくつか試してみたところ、必ず一カ所だけピックが入る部分があるのです!
これはスゴい!まるで人に飲まれる為に生まれたかのようなフルーツです!
一見、難しそうで手が出ない、と思いきや以外に扱いやすいのがココナッツです。

南国の人は、それこそ水代わりに飲んでいるココナッツジュースですが、健康に欠かせないミネラル類がたっぷり!
ジュースは低カロリーな上に、塩分を排泄しむくみや高血圧を予防するのに役立つカリウムや多くの電解質を含み、天然のスポーツドリンク。実を割ると中から白い胚乳が出てきますが、コレステロール値を調節する働きをもつ不飽和脂肪酸、鉄分やマンガンなどミネラル類、さまざまな酵素がたっぷり。クッキーやケーキ、プリンはもちろん、カレーなどの料理にも南国を感じさせる香ばしい香りを与えてくれる、便利な食材でもありますのでトライしてみて下さい!

フタバフルーツでは積極的に販売中!意外なほどに老若男女問わず大人気です!
輸入のものなので必ずしも入荷があるとは限りませんが、発見したら即入荷しますので、まめにお店にお見えになって下さい!

長沢くんココナッツ

こんな風にアートして、楽しんでから飲むのもオススメです(笑)
他にもストローの穴を活かして一輪挿しなど、可能性が広がるフルーツですね!

春明21

いよいよ桜前線が東京にやってきて、本日(4月6日現在)に満開宣言がされたそうですね。少し風は肌寒いですが、日増しに陽射しが温かくなってきていますね。フルーツの様子もだんだんと冬から春、早いものでは初夏のものまで見られるようになって、気分が晴れ晴れとしてきます。そんな中でも、晩生のりんごとして登場したのがこの「春明21」です。

本格的に商品登録されたのはついこの間の2010年10月と、本当に生まれたての品種なのです。収穫時期は10月末〜11月初旬なのですが、採れたての頃はまだ果肉が非常に硬く、酸が強くてすぐに食べられるような状態ではないそうです。それをこの時期くらいまで貯蔵しておくと、糖度15度ほどととても甘くなり、酸味も落ち着いてほどよい硬さになり、春から夏にかけての長い間食べられるそうです。ただし、まだ新種も新種なので市場にも数が少なく、これから数年をかけて浸透していくかもしれません。(浸透しないかもしれませんが)

お店にはサンプルで1ついただいたので、試食したらこちらにレポートを追加します!
楽しみだー!

このアーカイブについて

このページには、2012年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年3月です。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。