りんごの王様!? 王林

| コメント(0) | トラックバック(0)

王林

王林は、福島県伊達郡桑折町の大槻只之助氏が1931(昭和6)年からりんごの品種改良に取り組み、ゴールデンデリシャス印度(りんごの品種)の花粉を受粉して出来た種子をまき、その株が育成されたものです。1943(昭和18)年に初めて実がなり、選抜を行い、それを原木として接ぎ木で増殖し、栽培していました。この地区の人々はナシリンゴとかソバカス美人と呼んで味わっていましたが、1952(昭和27)年に「林檎の中の王様」という意味の王林と命名しその年から東京の市場に流通しはじめました。

緑黄色で強い風味をもつ事でおなじみのりんごで、果形は縦長で、大きさは300gくらい、果点(果実表面のポツポツした点)が目立ちます。外観はややよくないのですが、保存性が高く、冷蔵庫で管理・保存したものが翌春までみられます。果肉は柔らかくてきめが細かくジューシーです。酸は少なく、甘さが強い!食べてみるとリピーターの多い密かに人気のりんごです。そうそう、生産者間でも赤いりんごと違って、着色管理がいらない省力品種として人気があります。 

上記の通り、肉質が緻密で酸味が少なく甘いので、洋梨やメロンのようにチーズとあわせても美味しいかもしれません。もちろんワインもいいですが、りんごの微発表酒シードルと一緒に召し上がるもの楽しいですね! これから春先まで店頭をにぎわせるので長く楽しめるデイリーフルーツの一つです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://futaba-fruits.jp/mt/mt-tb.cgi/68

コメントする

このブログ記事について

このページは、ハカセが2012年1月20日 18:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いまやりんごの代名詞 サンふじりんご」です。

次のブログ記事は「ほっぺたが落っこちるほど - 紅ほっぺ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。