2012年1月アーカイブ

王林

王林は、福島県伊達郡桑折町の大槻只之助氏が1931(昭和6)年からりんごの品種改良に取り組み、ゴールデンデリシャス印度(りんごの品種)の花粉を受粉して出来た種子をまき、その株が育成されたものです。1943(昭和18)年に初めて実がなり、選抜を行い、それを原木として接ぎ木で増殖し、栽培していました。この地区の人々はナシリンゴとかソバカス美人と呼んで味わっていましたが、1952(昭和27)年に「林檎の中の王様」という意味の王林と命名しその年から東京の市場に流通しはじめました。

緑黄色で強い風味をもつ事でおなじみのりんごで、果形は縦長で、大きさは300gくらい、果点(果実表面のポツポツした点)が目立ちます。外観はややよくないのですが、保存性が高く、冷蔵庫で管理・保存したものが翌春までみられます。果肉は柔らかくてきめが細かくジューシーです。酸は少なく、甘さが強い!食べてみるとリピーターの多い密かに人気のりんごです。そうそう、生産者間でも赤いりんごと違って、着色管理がいらない省力品種として人気があります。 

上記の通り、肉質が緻密で酸味が少なく甘いので、洋梨やメロンのようにチーズとあわせても美味しいかもしれません。もちろんワインもいいですが、りんごの微発表酒シードルと一緒に召し上がるもの楽しいですね! これから春先まで店頭をにぎわせるので長く楽しめるデイリーフルーツの一つです。

サンふじりんご

この写真を見てりんごの品種を当てられますか?と、タイトルに答えがでているのでクイズにもならないですが、そう、答えはふじです。日本で一番の生産量を誇る、日本を代表するりんごです。日本国外でも、ふじの人気が高まっていて、中国ではリンゴ生産量2000万トンの45%がふじです。アメリカでは、1980年代に市場に入ってから、人気が高まって、ふじは米国リンゴ協会の2003年リンゴ人気ランキングでデリシャス、ゴールデンデリシャス、ガーラに次いで4位になったほどです。(出典:Northern Hemisphere Apple Situation and Outlook)
甘くてみずみずしくてしゃっきりとした果肉、時期になると現れるたっぷりの蜜、育てやすさ、そしてとにかく日持ちが良いなど、まさに走攻守そろったりんご界のイチローのような存在ですね!日本を代表して海を渡って活躍するりんごなんてスゴいと思いませんか?

伊予柑

みかんのシーズンが過ぎると、伊予柑など晩柑と呼ばれる柑橘類が美味しい時期を迎えます。
伊予柑の「伊予」は昔の愛媛の呼び名で、伊予を代表する柑橘類の一つです。・・・といいつつも実は伊予柑。生まれは長州山口は阿武郡東分村(現:萩市)。みかん系とオレンジ系の自然交配で、明治期に偶然発見されたといわれています。
つまり山口生まれの愛媛育ちの純日本原産フルーツなのです。一昔前は「愛媛のいよかん いい予感」なんていうキャッチコピーまであったり、セクシーなテレビCMが作られたりするくらい一押しな柑橘類でした(笑)


2分くらいすると出てきます。

果汁たっぷりで、しっかりと甘いので、厚いものの手でも皮が剥けるので、今でも人気の高い伊予柑ですが、最近ではでこぽんに押されて敬遠されがちですが、僕は個人的に伊予柑を食べています。オレンジ色が鮮やかで、つるっときれいなのでギフトなどでもおすすめです!

カリウムやビタミンCが多く含まれ、美肌や風邪予防にはもってこいです。ビタミンCはストレス耐性を高めてくれる効果もあるので、こたつで伊予柑なんていうのは癒しになるんじゃないでしょうか?

伊予柑に限らず、この時期は柑橘類が百花繚乱です!1つから並べてあるので是非いろいろと試してみてくださいね!自分好みの柑橘類に出会ったら毎年冬が楽しみになるかもしれませんよ♪

八朔(はっさく)

2月からこの時期にかけて店頭をにぎわせる柑橘類。なかでも昔から人気の衰えないのが八朔(はっさく)。これぞ日本の柑橘!といった風格さえ漂ってきます(笑)それにもしても「八朔(はっさく)」という変わった呼び名がついているのはなぜでしょうか?八朔の「八」は八月を表しています。そして「朔」は音読みでは「ついたち」と読み、月が立つ日、つまり旧暦の1日を表します。ちなみに晦日はつごもり(月隠り)ともいい月の終わりを表します。大晦日は年の最後の日なので「大」がつくんですね。
と、此処までは余談。なぜこの時期に旬のフルーツなのに八朔(旧暦8月1日:新暦9月1日)なのかというと、江戸時代末期に広島県因島のお寺 恵日山浄土寺で発見され、当時の重職 小江恵得が「八朔には食べられる」といったところからこの名がつきました。でも実際は9月1日ではまだ実が小さくとても食べられる代物ではないようです。
現在では12月から1月にかけて収穫され、2月から4月にかけて出荷されています。

このアーカイブについて

このページには、2012年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年11月です。

次のアーカイブは2012年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。