2011年11月アーカイブ

フタバフルーツ

フタバフルーツで働きはじめてはや1年と7ヶ月。なんと濃縮された時間だった事だろう。
見ず知らずの世界に飛び込んだ2010年の4月。自分が仕事としてフルーツを扱うという事も新鮮だったけれど、何より商店街という人の心の密度の濃い世界がボクにとっては本当に新しい世界でした。
もともと商店街が好きで商店街と関わって生きていきたいと考えていた矢先だったので、まさに渡りに船で、フタバフルーツで働かせてもうらおうとお願いをしたのだが、いわゆる家族経営のお店が人をいれるというのは相当な決断だったに違いないので、感謝してもしつくせません。

さて、フタバフルーツはご存知の通り、今は三代目の成瀬大輔を中心にお店をベースに、フルーツパーティーやワークショップの開催、フルーツケータリング、はては音楽レーベルの運営までやっています。一見フルーツ屋の枠を超えている風にも思えますが、実はすべてが不思議とつながっていると言うか、まさに「」という糸で結ばれているの強く感じています。そしてフタバはフルーツという優しい針でその縁の糸を紡ぐために挑戦を続けているのだと。まだ、出来上がるものの形はおぼろげですが、きっといろんなものが交ざりながらも不思議と調和のとれた一枚の画ができあがると信じています。

AKiLA

そして、その「」に欠かせない要素。フタバにとってそれは「」。お店でも常に毎日色々な曲がかかり、これもちょっとフルーツ屋らしくないかもしれませんが、でもフタバらしらを出してくれています。ロック、パンク、ハウス、ジャズ、ヒップホップ、アンビエント、サーフミュジック、時には演歌も(笑)音が水の性質に影響を与えるのは知られていますが、フルーツも人ももちろん水の賜物。心地よいもの、モチベーションを上げるものなどお店で流れる音楽は聴く人だけでなく、実は並べられているフルーツにも、そしてそれを食べてもらうお客さんにも少なからずメッセージとして届いている気がしてなりません。

さきにフタバフルーツは音楽レーベル(フタバレコーズ)をやっていると書きましたが、この気持ちを音楽に乗せて届け続けている一人のミュージシャンを応援しています。応援していると言うより、かたやフルーツ、かたや音楽という手段を使って同じ思いを届けるために協力し合っています。彼はAKiLAといいます。AKiLAは湘南出身のサーファーでもあり、常に水とともに生きてきた人です。彼の歌声はメロウで優しいのですが、こめられたメッセージはとても熱く、聞く人の心を強く揺らします。フタバのイベントには今や欠く事のできない存在です。
3.11の震災後、多くの人の悲しみと汚れゆく海を嘆く時期もありましたが、現在はそれをバネにより精力的に活動の場を着実に広げています。難波章浩バンドのギターをつとめるかたわら、小沼ようすけさんやさまざまなミュージシャンとのセッションライブも続けています。昨年7月にリリースされたアルバム「STARTING OVER AGAIN」も多くの方に聞いていただき、AKiLAの次のステップへのはずにみになっているに違いありません。まだ、お手にとってない方は是非、「OVERSTORE」というネットショップで取り扱っているのでチェックしてみて下さい。全国のサーフショップでも取り扱いまたは問合せが可能ですので、お近くの方はお立ち寄りください!

SMILES FOR ALL!なにはともあれ、フルーツは自分が思っているよりずっとずっとエキサイティングです!

美味しい!きれい!すてきな香り!こんなに体に効く!なにより楽しい!
まだまだ毎日新しい発見と驚きがあります。
そんな感動を伝え続ける事がボクの大事な仕事だと、この1年と7ヶ月を経て、強く確信するようになっています。
枠にとらわれず、常識に縛られず、新しい形を探し、でもフルーツ屋として大事な部分は変わらず、大好きな仲間達とともに。それがフタバフルーツのフルーツの伝えかたです。

愛と笑顔と感謝と勇気をフルーツで!
 
これがフタバフルーツのミッション
まだまだ旅は続きます!
 
LOVE, SMILE, ...& ROCK ON!!!
 
OVERSTORE

こうとく

このりんご、本当にすごいんです!小粒ですが、見ての通りの溢れんばかりの蜜。つやっと美しい見た目。ほんのりと甘い芳香。このりんご。間違いなく次世代のメジャーになる予感のりんごです!

さて、このりんごの名は「こうとく」といいます。奇跡のような蜜たっぷりりんごな割にふじよりも小粒だったために高値がつかず、また栽培がやや難しいために、一時は生産者がほとんどいなくなってしまい、「幻のりんご」とすら呼ばれた時期もあります。農協の地道な販路拡大の努力で百貨店などに徐々に広まり、人気が次第に高まってきました。

百目柿

ごろっと大きく釣り鐘のような形をしたこの柿は、「百目柿」。およそ375年頃にはすでにこの名で呼ばれ、全国に広く分布している日本人にとって遺伝子レベルで仲のよい果物の一つかもしれません。しかし、近年では種なし柿などにおされて生食としてお目にかかる事は少なくなってきました。不完全渋柿とか不完全甘柿とか好き放題いわれて、その大きさもあってか店頭に並べられている事を見る事は稀です。

しかし、この百目柿。甲州百目、蜂屋柿、富士柿とも呼ばれ、渋抜きされたものや干し柿は高級品種として大変珍重されています。とにかく干しても大ぶりなので甘くて食べごたえがあるのです!甲州街道の軒先では甲州百目が吊るされているのが秋の風物詩ですし、愛媛の富士柿は正月に出回ってその富士山の姿から贈答用に人気になってきています。まだまだ頑張っている百目なのです!

アボカド

先日の代官山でのイベント(2011/11/3)でも大好評だったアボカド。とにかく皆さん、アボカドが大好きなんですね!
とろ〜り濃厚な味わいのアボカドは、ディップにしたり、サラダに入れたり、丼モノになったりと今や日本でもすっかりと認知された食材になりました。とはいえおかず的な食べられ方が中心なので、中にはこれが野菜だと思ってる方が多いみたい。まぁ、美味しく召し上がっていただけるなら野菜でも果物でも大した問題はないと思いますが、アボカドの名誉を守るために言うと(大げさですが)、アボカドは立派な果物です。樹木になっている食用になる果実の事を果物といい、農水省でもこの定義を使っています。(イチゴやスイカ、メロンは果菜と呼ばれる野菜の仲間です。)

新世界

このりんごの名は「新世界」!なんとも壮大で力強い名ではありませんか。
この名からドヴォルザークを思い浮かべるのか、大阪の歓楽街を思い浮かべるかはわかりませんが、どちらもある意味で壮大なイメージです。まさかりんごにこのような名がついているなんて思いもしませんでしたが、それくらいの思いを込めたりんごだと言うのは伝わってきませんか?

新世界は「あかぎ」と「ふじ」を掛け合わせて、1971年に群馬園芸試験場で産まれました。深紅といってもいいような濃い赤色が見た目にも鮮やかです。時期によってはしっかりと蜜が入る種類で、甘さはもちろんリッチな味わいです。50年果物屋を営む我らが会長もあまりの美味しさに試食の手が止まらなかったくらい(笑)10月中旬から10月下旬が食べごろ。と言われていますがフタバではまだお取り扱いしています。

りんごの効用は「つがる」のところで詳しく説明していますので、是非ご覧下さい!

新時代の幕開けを感じられる味(?)を食べながら壮大な夢に思いを馳せてみて下さい♪
1日1つのりんごで毎日元気で笑顔に!

このアーカイブについて

このページには、2011年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年10月です。

次のアーカイブは2012年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。