筆者 岩槻のあだ名はハカセと呼ばれております。
由来は博学からではないのですが、今回は少々ハカセらしいうんちくをご紹介しましょう。
第一回目は全ての総称「くだもの」「フルーツ(Fruit)」です。

【果物(くだもの)】
「く」は木を指し、元々くだものは木の実を表す言葉でした。近い言葉に動物を表す「けだもの(けもの)」によく似た響きですが、くだものはつまり「木のもの」、けだものは「毛のもの」という事ですね。農林水産省も樹木になるもののみ、また、多年性植物の食用果実を果物と定義しています。

では、畑で蔦状の植物からなるいちごやスイカ、メロンは果たして「くだもの」なんでしょうか?
現在、農林水産省ではこれらを「果実的野菜」と分類してます。厳密にいうと、くだものではないという事ですね。逆にディップやサラダなどに多用されるアボカドは木になっているので明らかにくだものです。
ところがパイナップルやバナナは多年草の仲間ですが、果実に分類されているから定義っていうのも曖昧ですねw

ところで面白い論争があります。

近年はフルーツトマトにはじまる、とても糖度の高いトマトが市場をにぎわせていますが、トマトは果物的野菜でなく野菜に分けられていますよね。その理由は以下の通りです。

1793年当時アメリカは輸入の際、果物には関税がかからず、野菜には関税が課せられていました。
このため、トマトの輸入業者は、税金がかからないようにと「果物」と主張しました。
これに対して農務省の役人は「野菜」だと言い張りました。両者は一歩も譲らず、さらに果物派には植物学者も加わり、論争はエスカレート。
とうとう、1893年に米国最高裁判所の判決を仰ぐことになってしまいました!
判決は結局「野菜」。
裁判長はずいぶん悩んだと思われ、判決文には「トマトはキュウリやカボチャと同じように野菜畑で育てられている野菜である。また、食事中に出されるが、デザートにはならない」と書かれていました。

日本でも、明治時代に農商務省(現在の農林水産省)が基準を決めていて、木になる実で何年も繰り返して収穫できるものは果実。1回収穫すると枯れてしまうものを野菜としています。
いちごやスイカ、メロンはデザートになるので果実的野菜に分けられ、トマトはデザートにならないので野菜になってしまったのです。とても主観的な分類ですが、とても人間的なジャッジともいえますね(笑)

【フルーツ(Fruit)】
古くはラテン語Fructusに起源を持ち、果実はもちろん、結実する事、達成、成果などフルーツの成長を人生や努力の過程になぞらえて実を結ぶ事も表していました。それは現在にも引き継がれ、fruitful(効果的な)、fruition(達成)、fruitless(無駄な)など派生語も多数あります。

なので果物(くだもの)は木になるものを指しますが、フルーツはもう少し広義に植物の実を表すようです。

とは言うものの、やはり甘くて美味しくてみずみずしいものを楽しむ文化は洋の東西を問わずありますし、やはりそれを果物やフルーツと呼ぶのは変わらないでしょう。


フルーツを食べて実り多い(Fruitfulな)人生を!

太秋柿日本の秋の風物詩 柿も栄養価や味が見直されつつある昨今ですが、1994年に産声をあげ、これまで生育の難しさや見た目の問題もあって「幻」と呼ばれた柿が、徐々にポピュラーになりつつあります。
その名も完全甘柿「太秋」。

富有柿ベースに次郎柿などを掛け合わせた、いわばサラブレッドな血統。しかしヘタの部分から同心円状に「条紋」と呼ばれる割れ目が出来、見た目が優れない上に、安定収穫の課題があったためなかなか市場に出回らなかった品種です。しかし、その条紋の理由は実は糖度が上がる過程でできるというもの。つまり見た目が悪くなるほどに甘くなるという事です。また、渋抜けが早く青い段階からかなりの甘さになっています。タネも小さいものが2〜3個ほど入っているだけなので切りやすいのも特徴。これほどに食べる人にとって魅力的な柿がだんだんと棚をにぎわせはじめているのです!

日本人が日常的に食べる食材の中でもトップクラスのビタミンC含有量を誇り、まさに風邪知らずのフルーツといえます。また柿のオレンジ色はβカロテノイド。高い抗酸化力を持っています。血圧上昇を抑え、さらに二日酔い予防にも効果の高いタンニンや、体内の塩分濃度を調整してくれるカリウムも豊富な身近な総合栄養食なのです。酸味が少ないので、生食はもちろん、サラダや調理品の材料にも取り入れられます。

少し緑色の太秋が店頭に並んでいても、迷わずゲットです!
ジューシーで甘い新体験が出来ますから。

あきづき

梨園といえば歌舞伎界を指しますが、今回は梨の生産地という意味で読んで下さい(笑)
あきづきは梨園で人気を二分するうちの一つ「豊水」と大梨の代表、香りもよい「新高」、そして梨園の顔「幸水」の血統を受け継ぐサラブレッドとも言うべき梨です。
新高のように香り高く大ぶりで、豊水のようにみずみずしく果肉が柔らかい、そして幸水のように酸味が少なく甘みが強い。まさにイイところ取りな梨がこのあきづき。どうですか?食べたくなってきたでしょう?
2001年に登録されたばかりのニューフェイスで、最近まで「幻の梨」などと呼ばれてきましたが、最近では生産量も増えてきて、店頭で見かける機会も増えてきました。収穫期が秋で、実がまんまるのお月さまのようなので「あきづき」という名になったのも風流ですね。

ところで歌舞伎界というのか気になった事はありませんか?演技している裏で梨でもつくってるのかな、と思う人はいないかもしれませんが、何か梨と関係があるに違いない!と思って調べてみました。
梨園というのは現実とかけ離れたコミュニティーを指す言葉のようです。その語源は中国は唐の時代にさかのぼります。開元の治と呼ばれる平和な治世を築いた玄宗皇帝が都の西側の梨の木が植えられている場所に音楽教習府をつくり、全国から芸人を集め互いに芸を磨かせました。皇帝が皇帝の嗜好する音楽を直々に彼らに教えた事から彼らは皇帝梨園弟子と呼ばれました。まるで浮世離れした彼らの暮らしぶりから梨園といえば現実とかけ離れたコミュニティを表す言葉として使われるようになったのですね。

梨の栄養や効用については「豊かな幸に恵まれる。幸水梨・豊水梨」を読んでみて下さい!

現実離れした(?)味を持つ"梨園"の超新星、是非味わってみて下さい!

チェリモヤ

長らくご無沙汰しておりました。フタバフルーツのハカセです。全く以ての筆無精で反省!また秋から不定期ですが気になったフルーツをご紹介していけたらと思っております!

さて、この写真、まるで龍の鱗のような不思議な形状の物体ですが、これがなんと世界三大美果(マンゴー、マンゴスチン)に例えられる「チェリモヤ」です。森のアイスクリームとも例えられる、コクのある甘みが売りのフルーツです。
原産はエクアドルで、なんと有史以前から栽培されていたほどながーく人気のフルーツなのです。こんな形の土器、確かにありそう。スペインが新大陸発見してからそれはもう美味という事で世界中で栽培されるようになりましたが、赤道直下のフルーツにも関わらず寒いのはもちろん暑いのも苦手なわがままフルーツで、一年を通して日中は20℃前後、夜間は10℃以上でないと育たないそうです。
しかも、虫媒花、つまりハチなどの虫が花粉を運ばないと受粉できないので、そういう虫がいないところでは実がなりません。それでも今では原産国エクアドルをはじめ、アメリカ、チリ、イタリア、スペイン、イスラエル、レバノン、台湾、オーストラリア、ニュージーランドと生産されています。なんと日本でも和歌山や佐賀で実験的に生産されているようです。

さて、世界三大美果と言われるその味は?レポーター ハカセ、恐る恐る刃を入れてみました。切り方はオレンジやグレープフルーツとかわりません。ざっくり八等分。割ってみると真っ白な果肉とちょっと大きめなタネ。なんか南国な甘い香りが漂います。よくある食べ方はスプーンですくって、タネごと口に含んでタネだけ出すようですが、初めての出会いだったので、タネを一つ一つ取り除いてみました。そしたら、なんだか残念な魚の骨みたいになってしまいました。

チェリモヤをカット

ちょいとつまんで食べてみたら、こりゃビックリ!甘ウマっ!なんと例えてよいのかわかりませんが、アイスクリームというのとは違いましたが、トロッとした舌触りで柑橘類ともパッションフルーツともつかない風味と濃厚な甘みが口一杯に広がって、果肉は少ないですが満足度の高いフルーツでした!さすがは世界三大美果。これはたまに食べてみたいし、人にすすめてみたくなります。タネが多いなどちょっと日本人が不得手とするところはありますが、是非一度試してみてください。

栄養価的には体にうれしい栄養がたっぷり!造血には欠かせない葉酸。高血圧予防やむくみ予防に効果があるカリウム。新陳代謝に必要なビタミン6。風邪予防や美肌効果もあるビタミンCも比較的豊富。

なかなか普通のスーパーマーケットはもちろんフルーツ屋でもそうそうおいているところはないと思うので、一度フタバフルーツにご連絡下さい。もしかしたらゲットできるかもしれませんw

次回はまるでナマコ?!宇宙生物?!という謎のフルーツをご紹介します!

 

 

ココナッツ

南国のイメージと言えば、満天の青空、どこまでも透き通る海、そして陽を遮るようにして林立するヤシの木ではないでしょうか?
喉が渇いたらヤシの木によじ登って、ヤシの実を割ってココナッツジュースを飲む、なんてまさに南国的な風景!
それってちょっと飲んでみたいと思いませんか?

そんなココナッツをフタバフルーツで仕入れちゃいました!ソフトボールくらいの大きさのころっと可愛いサイズです。

ボクも初めて現物を見たので、いったいどうやって飲むの?!と最初は悪戦苦闘して、イメージの中にあるココナッツにストローがささった画をたよりに穴を探してアイスピックを突き立てたものの、刺せども刺せども硬くて歯が立たない・・・
しかし、とある瞬間、サクッとピックが吸い込まれていきました。
どれどれと、いくつか試してみたところ、必ず一カ所だけピックが入る部分があるのです!
これはスゴい!まるで人に飲まれる為に生まれたかのようなフルーツです!
一見、難しそうで手が出ない、と思いきや以外に扱いやすいのがココナッツです。

南国の人は、それこそ水代わりに飲んでいるココナッツジュースですが、健康に欠かせないミネラル類がたっぷり!
ジュースは低カロリーな上に、塩分を排泄しむくみや高血圧を予防するのに役立つカリウムや多くの電解質を含み、天然のスポーツドリンク。実を割ると中から白い胚乳が出てきますが、コレステロール値を調節する働きをもつ不飽和脂肪酸、鉄分やマンガンなどミネラル類、さまざまな酵素がたっぷり。クッキーやケーキ、プリンはもちろん、カレーなどの料理にも南国を感じさせる香ばしい香りを与えてくれる、便利な食材でもありますのでトライしてみて下さい!

フタバフルーツでは積極的に販売中!意外なほどに老若男女問わず大人気です!
輸入のものなので必ずしも入荷があるとは限りませんが、発見したら即入荷しますので、まめにお店にお見えになって下さい!

長沢くんココナッツ

こんな風にアートして、楽しんでから飲むのもオススメです(笑)
他にもストローの穴を活かして一輪挿しなど、可能性が広がるフルーツですね!

春明21

いよいよ桜前線が東京にやってきて、本日(4月6日現在)に満開宣言がされたそうですね。少し風は肌寒いですが、日増しに陽射しが温かくなってきていますね。フルーツの様子もだんだんと冬から春、早いものでは初夏のものまで見られるようになって、気分が晴れ晴れとしてきます。そんな中でも、晩生のりんごとして登場したのがこの「春明21」です。

本格的に商品登録されたのはついこの間の2010年10月と、本当に生まれたての品種なのです。収穫時期は10月末〜11月初旬なのですが、採れたての頃はまだ果肉が非常に硬く、酸が強くてすぐに食べられるような状態ではないそうです。それをこの時期くらいまで貯蔵しておくと、糖度15度ほどととても甘くなり、酸味も落ち着いてほどよい硬さになり、春から夏にかけての長い間食べられるそうです。ただし、まだ新種も新種なので市場にも数が少なく、これから数年をかけて浸透していくかもしれません。(浸透しないかもしれませんが)

お店にはサンプルで1ついただいたので、試食したらこちらにレポートを追加します!
楽しみだー!

デコポン

冬から春にかけてみかんに変わって、甘くて食べやすい柑橘類として年々人気をましているのが「デコポン」。またの名を「不知火」。清見タンゴールとポンカンの掛け合わせで生まれたフルーツです。
厳密にいうとデコポンは、不知火という品種の中でも糖度13 度以上、クエン酸1%以下のものが「デコポン」として出荷する事ができます。また「デコポン」はこのでこっとした歪な形を逆手に取ったフルーツで、この名称は熊本果実連によって商標登録されています。つまり不知火の中でも選りすぐりのエリートが「デコポン」なのです。

糖度13度以上という事で、とても甘みが強く、さらにクエン酸1%以下という事で、酸っぱさも抑えめ。みかんのように皮が剥け、袋ごと食べれる事からとても手軽に食べられます。大きさによっては贈答品としてもとても喜ばれるので冬から春先にかけては店頭をにぎわせてくれます。ちなみに凸の有る無しはあまり味には関係がないそうです。

ちなみに「不知火」の語源は、旧暦の七月晦日(最後の日)に八代海や有明海でみられる蜃気楼だといわれています。火のない海上に突如火の群れが現れ、いくら近づいても近づけないため、龍神の灯火や妖怪の仕業だと信じられてきました。残念ながら近年では電灯の明るさや、海水の汚染などが進み、不知火が発生する条件がなくなってきているといわれています。和歌では「筑紫」につく枕詞として九州地方を表す言葉として使われています。まさに不知火(デコポン)は九州を代表するフルーツの一つになりましたね!

柑橘類ということでビタミンCが豊富で美肌や風邪予防、ストレス軽減に効果があります。また甘みが強いデコポンは当分も豊富で疲労回復に効果があります。カリウムも多く、余計な塩分を体外に排出してくれる働きをします。

正直僕は「デコポン」をはじめて食べた時の感動は忘れられません!ある意味、このフルーツがなかったらフルーツ屋で働こうと思っていなかったかもしれません(笑)フルーツは奥深い!と。そんな思いであるデコポンを僕は個人的におススメしています。

桃の香りのするいちご 桃薫

いちごから桃の香りがするといったら驚きますか?ただでさえあま〜い香りのするいちごから桃のような香りがしたら食欲をそそらずにはいられませんよね?! 桃薫(トウクン)、まさに桃の香りを漂わせるいちごがなんと2011年2月にデビューしました。すでにいちご界の新人賞は桃薫に間違いないのではないでしょうか!ほんのりピンクで丸みをおびた形はかわいらしいの一言です。

桃の香りのする」と書きましたが、確かに桃の香りも漂っていますし個人的にはいちごミルクのようなミルキーで甘い香りのようにも感じられて、つい口に運ばずにはいられないインパクト!味を例えるのは難しいのですが、より香りが強く感じられて香りの強い花の香りが口の中に広がるような感じがしました。甘さはややひかえめですが、酸味が少なく上品です。ふわっとした食感で、すべてにおいていままで食べた事のないいちごなのです!

甘平

この柑橘の名前は「甘平(かんぺい)」。世界41,000kmを走破した大阪の芸人の名前ではありません。なんと2007年に品種登録されたばかりの愛媛の新星です。
甘くてみずみずしい「西之香」とでこっとした突起が特徴的な高級柑橘「デコポン(不知火)」が親になっている、いわばサラブレッドのような柑橘です。
まだまだ市場に出始めたばかりで、皮が薄いので作るのが難しく生産農家も少ないため比較的高価な部類にはいりますが、なんといってもみかんのように向きやすく、内袋も柔らかく、さらにジューシーで甘みがたっぷりなため、一度食べた人が戻ってくるフルーツです!
フルーツ定期便でも、お客さまから次も是非!という声をいただいています。
生産地でもこの人気を受けてこの3年くらいで生産量を増やそうと言う声があるようで、これからが楽しみな逸品です。

当然ながらみかんの仲間ですので、ビタミンCとその吸収を助け、血管を強化してくれるヘスペリジン(ビタミンP)が豊富で、風邪予防や美肌効果が。
ビタミンカラーでもあるオレンジの元はβカロテン(プロビタミンA)も多く含まれ、皮膚や粘膜の生成を助けるので美肌や抗アレルギー効果が期待できます。
また、目にもいいのがこのビタミンAです。抗酸化効果も期待されています。
酸味成分でもあるシネフリンは気管支拡張の効果があるので、こちらものどの風邪に効くそうです。
ちなみに脂肪分解酵素リパーゼを活性化し、食欲を抑える力もあるので、ダイエットしている方にもオススメです。

時期的には1月下旬から2月下旬という事になっていますが、今年は寒いのでまだこの時期にも出回っています。
見つけたら即ゲット!なフルーツです!
気になる方はフタバフルーツにお問合せください。

メール:info@futaba-fruits.jp

電話:03-3338-7749

メロゴールド

大きなグレープフルーツ?それとも文旦?いえいえこれはカリフォルニア出身のメロゴールドといいます。ポメロ(文旦とグレープフルーツの掛け合わせ)とグレープフルーツの掛け合わせなので似てるのは当たり前かな?一般的にはまだまだメジャーなフルーツではありませんが、フタバフルーツでは大人気な一品。

グレープフルーツが苦手な方が時々いらっしゃいますが、何が苦手か聞いてみると「苦み」と「酸味」という方が多いです。「それがなければなー」という声もよく聞くのですが、メロゴールドはまさにグレープフルーツ嫌いのグレープフルーツ観を一変させるフルーツです!グレープフルーツの「苦み」「酸味」が少なく、まさに食べるジュースといっていいくらいジューシー。少々皮は厚めですが、果肉も大きくプリッとした食感で食べごたえがあります。そういってお試しいただいたお客さんの多くが、「あれ、美味しかったからまたちょうだい」とやってきます。シーズンは11月から2月くらいまでなので、時期的にはそろそろ終わりになってしまいますが、個人的にも来年が楽しみです!(とはいえまだ店頭にはありますよ!)

苦み成分ナリンギン(ダイエット効果が期待できる成分)はグレープフルーツに比べると少なくなるものの、もちろんビタミンCやクエン酸は豊富です。美肌や疲労回復におすすめです!

さっぱりと切れ味のよい甘さがとっても朝むきなフルーツ。身もしっかりしているので前日の夜に切っておいて翌朝にお召し上がりになれば忙しい朝でも手軽にお召し上がりになれますよ!是非、一度お試しあれ!